1. TOP
  2. 公演情報

公演情報

全国芝居小屋錦秋特別公演2017についてのお二人のコメントです。

 

錦秋特別公演とは

中村勘九郎、中村七之助を中心に、中村屋一門が毎年行う全国巡業公演、それが錦秋特別公演です。時期によって「新緑」と銘打つこともあり、2005年より毎年欠かさず行われています。

歌舞伎座のある東京をはじめ、歌舞伎を見る事が出来る劇場は全国でも限られています。きっかけはある時2人の元に若いファンの方から「地方にいると交通費や宿泊費がかかってなかなか歌舞伎を見に行くことが出来ない」という内容のお手紙が届きました。そのことをきっかけに「自分たちが全国各地に足を運び、たくさんの方に歌舞伎を見てもらおう」と錦秋特別公演が始まりました。

本公演は2017年11月、全国の芝居小屋を巡る公演として中村勘九郎 中村七之助 全国芝居小屋錦秋特別公演2017を琴平町『旧金毘羅大芝居』で実施いたします。

開催日程

平成29年   11月10日(金) 第一部 12時30分 開演
第二部 16時 開演
11月11日(土) 第一部 11時 開演
第二部 15時 開演

演目と解説

一、歌舞伎塾

 中 村 勘九郎
 中 村 七之助

 日頃皆様にご覧頂いている歌舞伎の舞台はどのような人達によって支えられ、どのようにして拵(こしら)えをしていくのか。
 普段は決して見る事の出来ない歌舞伎の舞台裏を、勘九郎・七之助が楽しくご紹介致します。
 昨年大好評を頂いた「歌舞伎塾」。今年も皆様にお届け致します。

二、棒しばり(ぼうしばり)

 次郎冠者   :中 村 勘九郎
 太郎冠者   :中 村 鶴松
 曽根松兵衛  :中 村 小三郎

 大名(小三郎)の留守の間、いつも酒を盗み飲んでいる太郎冠者(鶴松)と次郎冠者(勘九郎)。
 日頃からそれを苦々しく思っていた大名は、今日は二人を棒や後ろ手に縛り安心して出掛けますが、二人は何とかして酒を飲もうと大奮闘!
 見どころ満載の舞台をたっぷりとお楽しみ下さい。

三、藤 娘(ふじむすめ)

 藤の精    :中 村 七之助

 舞台一面に咲き誇る藤の花房。その前に現れた一人の娘(七之助)。
 塗笠を被り藤の枝を担いだ美しく艶やかなその姿はまるで藤の精。
 藤の花に戯れながら、時には可憐に、時にはしっとりと恋心を踊ります。
 女形の魅力にあふれた一幕をどうぞご堪能下さい。

ご観劇料

A席 B席 S席
11,000円(税込) 9,000円(税込) 12,000円(税込)

座席表はこちらをご覧ください [PDF:137KB]

椅子を設置した桟敷席が登場しました。

プロフィール

中村 勘九郎

1981年生まれ、東京都出身。十八代目中村勘三郎の長男。

1986年1月歌舞伎座にて初お目見得。1987年1月歌舞伎座『門出二人桃太郎』の兄の桃太郎で二代目中村勘太郎を名乗り初舞台を踏む。2012年2月新橋演舞場『土蜘』僧智籌実は土蜘の精、『春興鏡獅子』の小姓弥生後に獅子の精などで六代目中村勘九郎を襲名。

歌舞伎にとどまらず、舞台「おくりびと」「真田十勇士」、大河ドラマ「新選組!」、映画「禅」など幅広く精力的な活動を続けている。2012年松尾芸能賞新人賞。2013年読売演劇大賞最優秀男優賞、2015年森光子の奨励賞などを受賞。

中村 七之助

1983年生まれ。東京都出身。十八代目中村勘三郎の次男。
1986年9月歌舞伎座『檻(おり)』の祭りの子勘吉で初お目見得。
1987年1月歌舞伎座『門出二人桃太郎』の弟の桃太郎で二代目中村七之助を名乗り初舞台を踏む。

以後、舞台出演のみならずさまざまな所でも活躍。

2003年にはハリウッド映画「ラストサムライ」に明治天皇役で出演。
また2016年には演出家デヴィット・ルヴォー演出の現代劇『ETERNAL CHIKAMATSU』にも出演

2015年松尾芸能賞 新人賞受賞。2015年第1回 森光子の奨励賞などを受賞

中村 鶴松

1995年生まれ。東京都出身。
2000年5月歌舞伎座『源氏物語』の茜の上弟竹麿で子役として本名で出演。

以来子役として数多くの舞台に出演。

2005年5月『菅原伝授手習鑑』車引の杉王丸で二代目中村鶴松を名のり部屋子披露。

以後、中村屋の部屋子として勉学と舞台を両立させ日々奮闘中。

入場券の発売方法について

 一般販売 ※こちらは入場券のみでの販売となります。

8月8日(火)10時 ~ 販売開始

チケットぴあ  ローソンチケット  イープラス
0570-02-9999 <Pコード 480-905>
http://pia.jp/t/  (パソコン・携帯)
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、
ファミリーマート、
チケットぴあ 店舗
0570-084-006 <Lコード 63343>
0570-000-407
(オペレーター 10:00~20:00)

http://l-tike.com/(パソコン・携帯)
ローソン・ミニストップ 店内Loppi
http://eplus.jp/  (パソコン・携帯)
ファミリーマート 店内Famiポート

 電話販売(キャンセル分) ※こちらは入場券のみでの販売となります。

8月26日(土)10時 ~ 受付開始

電話番号 0877-75-6811(受付時間10:00~16:00 )
※ 26日(土)・27日(日)以降は、平日のみの受付となります。

お問い合わせ先:四国こんぴら歌舞伎大芝居事務局 0877-75-6714

 株式会社JTB及び四国旅客鉄道株式会社における入場券の取扱い

1.「観劇券」の一般受付
〔JTB・JR四国共通〕
平成29年7月31日(月)午前10時より受付開始
2.「四国こんぴら歌舞伎大芝居 観劇券」組込み型旅行商品
(1) 個人型宿泊付き観劇セット商品
〔JTB(商品名:エース)・JR四国(商品名:ワープ)共通〕
平成29年7月31日(月)午前10時より受付開始
※JTBの回答は平成29年8月下旬となります。
(2) 団体型観劇セット商品

〔JTB〕平成29年7月31日(月)午前10時より受付開始
〔JR四国〕平成29年7月31日(月)午前10時より受付開始

3.発売箇所
〔JTB〕全国のJTB各支店・JTBトラべランド各店・JTB提携販売店 公式サイトはこちらから
〔JR四国〕四国内各ワープ支店・各駅ワーププラザ・ワープ梅田支店
4.お問い合わせ
JTB中国四国 高松支店 電話 087-851-3055
株式会社ジェイティビーのサイトから予約をする方はクリックしてください
JR四国「旅の予約センター」 電話 087-825-1662
JR四国四国旅客鉄道株式会社のサイトから予約をする方はクリックしてください

お問い合わせ

四国こんぴら歌舞伎大芝居事務局 0877-75-6714(平日8:30~17:15)

 主催及び後援

主 催   :琴平町・「四国こんぴら歌舞伎大芝居」推進協議会

後 援   :琴平町教育委員会

  平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

企画・制作 :株式会社ファーンウッド 、株式会社ファーンウッド21

製 作   :松竹

制作協力 :サンライズプロモーション東京

トップページへもどる